×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カードを思い切って処分

ショッピング中毒を抜け出すために、ショッピングが不可能な環境に自分を置くということも有効な方法です。
クレジットカードが手元にあると、サインだけで買い物できるため意識せずどんどん買ってしまいます。
それに、たとえ手元にお金がなかったとしても限度額に達するまで買い物してしまったりして、借金が膨らんでいく一方です。

 

つまりは、クレジットカードを処分するということも重要です。
それまで好き放題にカードでショッピングをしていた人は非常に不自由に思うでしょう。
しかしながら、クレジットカードの契約を解除してしまうことが買い物の依存症から脱するための大きな一歩になります。

 

さらに、周囲の人たちに助けてもらうことも買い物中毒を解消するためには有効な方法です。
自分が抱えている病を周囲の人たちに言うことは気恥ずかしい、軽蔑されるかもしれないと考えると怖いかもしれません。
しかし、自分だけの力では買い物の依存症は完治しにくい病気です。
周囲に打ち明けることで、現時点で自分のいる状態を確認してふさわしいサポートが得られるでしょう。
それに買い物の依存症について誰かに伝えることで、このままでは駄目だ、しっかりしなければと自分を抑えることにつながることもあります。
自分だけで治そうとしていても、うまく買い物の依存症から立ち直れないことも少なくありません。
そうした際には、思い切って専門家に協力を願い出ましょう。