×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

映画「お買い物中毒な私!」

ショッピング中毒を患っている人は、資金が足りなくなると友人などから借金をしたり、そのうちローンにまで手を出すようになるのです。
こうなってしまうと、借金に追われ、日常生活が送れなくなります。社会でも深刻な問題になっています。

 

2009年アメリカにて作られた映画「お買い物中毒な私!」は、買い物の依存症の女性を主人公にしています。
コメディ要素も含めて明るい描き方ではありますが、ショッピング中毒により破産の直前までいった女性が危険を感じて生活を一新していく話になっています。
あくまでも映画のお話ですから、笑いや涙を誘う構成になっていて、現にショッピング中毒により辛い思いをしている人にそれが全部当てはまるとは言えないでしょう。
けれども一つのストーリーということで、ヒロインの前向きな努力を目にするのも良いでしょう。

 

 

こちらの映画というのは、ソフィ・キンセラが書いた「レベッカのお買いもの日記」をもとに作られました。
他にも、人気作家の中村うさぎさんが、ショッピング中毒だったという話は聞いたことがあるかもしれません。
中村うさぎさんが出している本の中にも、買い物の依存症を題材にした「ショッピングの女王」シリーズがあります。