×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

脳内物質との関係

買い物に代表される依存症というのは、ある物質が深く関係しているといわれています。
それは脳内物質のドーパミンです。
ドーパミンは「快楽ホルモン」とも呼ばれていて、快楽や幸福感を感じさせることと関わる物質です。

 

いつもの生活の中において食欲または性欲などといった欲求が満ち足りたときなどにも分泌されている物質です。
ドーパミンは日常的に分泌される脳内物質ですから、一般的には問題になりません。
ところがショッピング中毒になると、脳が快楽を得るパターンとしてショッピングをするという記憶から抜け出せない状態にあるので、自分ではやめられないのです。

 

ドーパミンが分泌され快楽が強い状態が続くと、体はそれを抑制する働きをします。
こういう機能が働くと、ドーパミンは同等の量でも気持ち良さが弱まってしまいます。
これは多幸感への耐性が生まれた状態です。

 

快楽に関する耐性がつくと、もっと多くのドーパミンを分泌させようとして大きな刺激を得ようとする行動をしてしまいます。
買い物の依存症というのは、自分の持ち金では賄い切れないほどの、非常に値の張る商品を買い求めるようになり、生活が壊れてしまうのです。