×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

家族でもなかなか気付かない

男女の割合で見てみると、女性のほうが買い物の依存症に陥りやすいことが数字に表れています。
そもそもショッピングが好きな女性は多いですよね。
そしてショッピング中毒は生活の一部になってしまっていることが多いため、同居の家族でもなかなか気づかない傾向があります。

 

買い物中毒の症状というものは10代の後半位から現れます。
このくらいの年の子は、受験や交流関係といった問題で大きなストレスを抱え込みやすい時期であり、アルバイトをするなどしてお小遣いが増える時期ともなります。
初期段階では深く考えずにただストレスを吹き飛ばそうとして買い物をするかもしれません。
けれども、やがて買い物に行くことが多くなり、無意識のうちにさらなる強い刺激を望み「もっと買いたい」「あれもこれも欲しい」という気持ちを抑制することができなくなっていきます。

 

依存症になりやすい人は、自分に満足できていない、強い精神的抑圧を日ごろ感じている、自分は孤独だと感じ、強いコンプレックスを感じているという特徴があります。
さらに、周りの家族や友人などに認められていないという感情に悩まされている人も多くいます。
こういった満足感のない切ない状態から逃げてしまいたいという願いから、依存症に救いを求めてしまいます。
買い物の依存症の人は、ショッピングを済ませた後の解放感に味をしめると、もっと嫌なことから逃れるためにもっと確かな心地良さを手に入れようとします。
そうなると、悪化の一途をたどり自分一人では解決することが難しくなってしまうのです。