×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

チェックしてみれ下さい。

嫌なことがあったりしたら、買い物をしてストレス解消するという人も多いでしょう。
それが、借金をしてまでも買いたい気持ちを抑えることができない場合は買い物依存症かもしれません。

 

次のリストをチェックしてみてください。

 

1.以前のショッピングの体験がはっきりと思い起こせて、次の買い物予定を立てることにこだわる。
2.次から次へと価格の高いものを購入したくなる。
3.しばらくショッピングを控えようと頑張ってはみたができなかった。
4.ストレス解消、現実逃避のためにショッピングを続ける。
5.ショッピングをしないようにすると不快感を持つ。
6.買えなかったものが異常に気になり、別の機会に必ず買おうとする。
7.買い物に固執していることを隠すため家族や友人には上手にごまかす。
8.ショッピングに入れ込むあまり、大切にしていた人や職をなくしてしまった。
9.買い物の資金を得るために犯罪を犯してしまった。
10.買い物するための金銭を他の人に無心したことがある。

 

以上のチェック内容を読んでみて該当するものが多い人は、ショッピング中毒になっている状態かもしれません。