×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カウンセリングや抗うつ剤

自分が実は買い物中毒だということを理解していない人もいるでしょう。
ただ、大半の依存症を患っている人は、買ってしまったたくさんの商品を目にして後悔の念に苛まれるため、自覚症状のある人が多いようです。

 

たとえ分かっていても、自分一人ではなかなか制御することができません。頭では分っていても、行動を制限できないのです。
そうしている間にも、借金が増えていき生活に問題が出てくる人も大勢います。
ショッピング中毒も精神的な病気の一つですので、カウンセリングを受けたり、病院に行って治療を受けることも症状を解消させるために有用な手法です。
病院にて受けることが可能な治療法には、専門カウンセラーに相談することや、共通の病気に悩まされている人同士が集って行うミーティングといったものがあります。

 

他に、効果のほどについては専門家でも意見が分かれるところですが、SSRIという名の抗うつ薬を用いた治療というのも存在します。
その他には、ものの見方や捉え方、行動を変えていく認知行動療法が行われることもあります。

 

買い物の依存症を治療するのにかかる期間としては普通半年から1年くらいのようです。
でも、長い間治療しても、根底の問題を解決しないならショッピング中毒を完全に克服はできません。
どんな治療の仕方を実践したとしても、ショッピング中毒の根本原因である精神的抑圧の源を解決することが重要です。
買い物中毒を無視し続けると、うつ、またはアルコール依存などといった他の病気を引き起こす可能性もありますので、そのままにせず医師に相談してください。