×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

他人に認められた気がする

ショッピング中毒の発端となるものとしては、ストレスがよく知られています。
仕事や人間関係のトラブルなど、現代人は多くの精神的抑圧にさらされる環境の中で毎日を過ごしています。
そのストレスを吹き飛ばすために、ショッピングを大量にしてしまうケースがあります。

 

これまでですとショッピング中毒は、浪費癖にすぎないと思われていましたが、現在では日頃の生活で蓄積されたストレスを購買欲求へと変化させている精神的な病気として認識されるようになりました。
自分にとっては不必要な商品であったとしても、それを買った、手に入れたということでストレスを解消しているのです。
アルコール依存症などと同じような状態といえるでしょう。

 

他にも、お店の人から優しく扱ってもらえることで気持ち良くなるというのも、ショッピング中毒の人にはありがちなことです。
お店の人から「大変お似合いですね」といった言葉や色々なアドバイスをもらうことで自分に優しくしてくれている、注目してくれていると思い込みたいために買い物をやめられなくなってしまいます。

 

 

このあたりのサイトでも、関連する情報が手に入るかも知れません。

 

ストレス対処法 食う寝るショッピング:Garbagenews.com

 

美味しいものを食べる、寝る、に続いて、ショッピングがストレス発散の一般的な手段なんですね。