×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ショッピング中毒エントリー一覧

買い物依存症ってどんなの?

買い物依存症は、文字に表れているように、物を買うことに依存してしまう状態のことです。購入する商品ではなく購入するという行為自体に依存するものです。そのため自分にとって必要、不必要に関わらず、どうしてもたくさんの品物を買ってしまうという精神的な疾患です。ショッピングするという行為をしないではいられなく...

続きを読む

店員さんに優しくされて満足する

ショッピング中毒の発端となるものとしては、ストレスがよく知られています。仕事や人間関係のトラブルなど、現代人は多くの精神的抑圧にさらされる環境の中で毎日を過ごしています。そのストレスを吹き飛ばすために、ショッピングを大量にしてしまうケースがあります。これまでですとショッピング中毒は、浪費癖にすぎない...

続きを読む

買い物依存の治療方法いろいろ

自分が実は買い物中毒だということを理解していない人もいるでしょう。ただ、大半の依存症を患っている人は、買ってしまったたくさんの商品を目にして後悔の念に苛まれるため、自覚症状のある人が多いようです。たとえ分かっていても、自分一人ではなかなか制御することができません。頭では分っていても、行動を制限できな...

続きを読む

欲しくないのに買ってしまう

一般的に考えてショッピング好きの人というのは、欲しいと思うものを考えて購入します。しかしながら買い物中毒の人というのは、普通にショッピングが趣味という人とは確実に差があり、特に欲しいものでなくても買わずにはいられなくなるのです。買い物中毒の人はそれが欲しくなって買うというより、買い物するという行動そ...

続きを読む

ショッピング中毒のチェックリスト

嫌なことがあったりしたら、買い物をしてストレス解消するという人も多いでしょう。それが、借金をしてまでも買いたい気持ちを抑えることができない場合は買い物依存症かもしれません。次のリストをチェックしてみてください。1.以前のショッピングの体験がはっきりと思い起こせて、次の買い物予定を立てることにこだわる...

続きを読む

女性に多いショッピング依存症

男女の割合で見てみると、女性のほうが買い物の依存症に陥りやすいことが数字に表れています。そもそもショッピングが好きな女性は多いですよね。そしてショッピング中毒は生活の一部になってしまっていることが多いため、同居の家族でもなかなか気づかない傾向があります。買い物中毒の症状というものは10代の後半位から...

続きを読む

依存症とドーパミン

買い物に代表される依存症というのは、ある物質が深く関係しているといわれています。それは脳内物質のドーパミンです。ドーパミンは「快楽ホルモン」とも呼ばれていて、快楽や幸福感を感じさせることと関わる物質です。いつもの生活の中において食欲または性欲などといった欲求が満ち足りたときなどにも分泌されている物質...

続きを読む

買い物依存症を扱った書籍や映画

ショッピング中毒を患っている人は、資金が足りなくなると友人などから借金をしたり、そのうちローンにまで手を出すようになるのです。こうなってしまうと、借金に追われ、日常生活が送れなくなります。社会でも深刻な問題になっています。2009年アメリカにて作られた映画「お買い物中毒な私!」は、買い物の依存症の女...

続きを読む

まずはクレジットカードを処分しよう

ショッピング中毒を抜け出すために、ショッピングが不可能な環境に自分を置くということも有効な方法です。クレジットカードが手元にあると、サインだけで買い物できるため意識せずどんどん買ってしまいます。それに、たとえ手元にお金がなかったとしても限度額に達するまで買い物してしまったりして、借金が膨らんでいく一...

続きを読む